住宅ローン借入の
必要条件

住宅ローンを借り易い条件

ローンを借りやすい環境っていうと、どんなものでしょうか。例えば、ローンを借りやすい環境っていうと自営業よりもサラリーマンや公務員ということが考えられます。ちなみに、審査の時には審査項目に従ってポイントをつけていくらしいんですが、この審査項目はおおよそ20あるそうです。年収、家族構成、所有資産、性別、雇用形態、雇用先の規模、業種、担保価値、国籍などがあります。しかし、これらは20項目の中で重視される上位ではありません。あ、年収だけはベスト5に入っているそうですが、他は5位以下らしいです。

 では、上位に何があるのかっていうと、完済時年齢、借入時年齢、返済負担率、勤続年数です。言われてみると、貸す側が気にするのは当然のことばかりです。ついつい、借りる側としては年収がいくらだとか、雇用形態が正社員だとかそうじゃないとか、雇用先が大手だとか中小だとか、そういうことを考えがちです。もちろん、それも大事な項目なんですが、それよりももっと大事なのが上記の4つ。特に収入などは状況によって変動の可能性がありますが、年齢ばかりは何ともなりませんから、審査項目としては厳しいものなのかもしれません。親子で返済していけるプランなども特定の金融機関にありますから、年齢が高い場合はそういうところを利用するのがいいかもしれません。

住宅ローン借り換えはこちら

住宅ローン借り換え手数料安い銀行は?諸費用比較【相場いくら?】
住宅ローン借り換えに手数料が掛かるって知っていましたか?手数料高いと、金利が安いところに借り換えしても意味がない場合もありますよね。こちらのサイトでは住宅ローン借り換えの手数料に注目してみました。
www.jyutakukarikaetesuuryou.com/