住宅ローンの返済で
悩んでいるなら

ローン返済が難しくなったら

 ローン返済が困難な場合に、別の金融機関から新たに借り入れをしたりなどして、とりあえず住宅ローンを返済している人も少なくないのかもしれません。しかし、ローン返済が困難な場合には気をつけた方がいいことがいくつかあります。先ず、とにかく早めに対応することです。早いほど選択肢が増えます。選択肢は返済額の軽減申請、返済期間の延長申請、個人再生手続き、任意売却ということになると思います。書いた順に借りている側への負担は小さいです。後のものになるほど負担が大きくなります。

 初めの軽減申請というのは金融機関との交渉です。短期間だけ収入が減少、もしくは支出が増大しているような場合には、それを話してしばらくの間だけ返済額を軽減してもらうということです。ただし、軽減分は期間満了後に支払う必要があるので長期的に返済困難であるという場合には向きません。その場合は、延長申請の方がいいかもしれないです。これも交渉です。返済に困ったら、先ずこれを考えるくらいでもいいと思います。延長された分だけ月々の支払いが軽減されます。

ただし、支払期間が延びるということは金利負担も大きくなりますし、定年などを考えると難しい場合もあります。個人再生は借金額が3000万円以下で将来的に収入がある人が利用でき、家を手放すことなく借金減額が出来る可能性があります。任意売却は希望して自宅を売却するということです。強制的に競売にかけられるよりも高い金額で売ることが出来ますが、住宅を担保に融資している金融機関の許可が必要です。。